親や親族からの自由

自分自身は「自由人として生きる」と割り切っても、浮上してくるのが親や親族の問題だ。とくに、長男や長男の嫁、一人っ子なら、介護や墓、家の行事等を取り仕切ることを強要される場合がある。

本当に親が大好きで終生面倒を見たい、介護もしたい、という人はもちろんできる限り面倒を見れば良い。しかし、私などは個人的に毒親との関係が非常に悪いため、最低限の労力で切り抜けたい、煩わせないで欲しいと思っている。こうした家族間の問題は、当事者でなければ理解不可能だろう。

親に情があれば別だが、ない場合には対処法も異なってくる。なので、後者の一例として、私の個人的意見と対処法を記す。

冷たいようだが、親は別世帯なので、基本的には手を出さない。親の人生は親のもので、自身の健康管理と蓄え、年金でカタをつけるべき問題だ。

まず、間違っても同居は避けることだ。一旦同居してしまうと保護責任が生じる。同居人がいれば「そいつに何もかもやらせようぜ」というのがこの国の現実だ。親が元気なうちに独立しておかなければ(弱ってからでは)保護責任者遺棄罪となり、逃れる術はなくなるのだ。自分のプライベートを全て犠牲にしてつきっきりで介護なんてことにもなりかねない。

別居は自分にとって良いばかりではない。独居老人なら施設への入居が優先されるし、財産や年金でお金が足りないなら生活保護を受けることもできる。逆に、何もする気がないのに親と同居するのであれば、親自身が持つ上記の権利を奪うことになる。

具体的には、介護等が必要になったら役所やケアマネに相談。介護保険を利用したり、老人用のお弁当宅配を利用したりさせ自活させる。それでも駄目なら施設へ。しかし、施設は認知症や重い病気の場合には放り出される。入居時に引き取り責任者としてサインした人間が引き取らなければならないうえに、認知症や重病の患者を引き受けてくれる特養は何百人待ちというシステムになっているため注意が必要だ。

ところで、多くの場合「子は親の面倒を見なければならないと法律で決まっている」と、周囲から責め立てられるわけだが、本当だろうか。そこで、民法八七七条「直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養する義務がある」の「義務」について見てみる。

民法八七七条における「義務」とは、何が何でも扶養しなければならないということではなく、「扶養義務者の職業や社会的地位に応じた文化的生活をした上で、経済的余裕がある場合に負担すべきもの」とされる。

(解釈)
*扶養義務は放棄できないが、そのために自分たちの生活に破綻をきたすようなら、無理をしてまで扶養義務を果たす必要はない。

どのように、或いはどの程度扶養するかについては、民法第八百七十九条「扶養の程度又は方法について、当事者間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、扶養権利者の需要、扶養義務者の資力その他一切の事情を考慮して、家庭裁判所が、これを定める」

(解釈)
*子の対応について親が不満だという場合(親が訴えを起こした場合)、どれだけ面倒を見るべきかは家庭裁判所が決めるということ。しかし、強制的に人を動かして介護させることなどできないし、お金に関してもない人間からは奪えない。

ちなみに、上記の法は「民法」だ。民法は性質上、罰則規定がない。つまり、扶養義務はあるが義務を果たさなくても罰則はないということも覚えておきたい。

財産を蓄えなかったのなら、蓄えなかったなりの人生。子に愛情を与えなかったのなら、与えなかったなりの人生。子供を作らない、作れなかったなら、子供のいない人生。それぞれの人生が待っている。もちろん、その逆もしかり。原因があれば結果がある。別に、どの人生が正しいとか、間違いとかいうことはない。

繰り返すが、親の人生は親自身のもの。自分の人生は自分のものだ。たとえ子であっても親の人生をどうこうする権利はないし、たとえ親であっても成人した子供の人生をどうこうする権利はないのだ。

posted by nonnco at 18:05 | 親や親族の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする