不動産購入:B危険なローン

不動産を購入するにあたって「家賃を支払う感覚で払えばいいのだから」とローンを組む人間のなんと多いことか。浅はか過ぎる。そして危険過ぎる

私が不動産を買う際も、多くの不動産会社が「その金を頭金にしてローンの借り入れをし、高い家を買え」と言ってきた。ちなみに、そんなことを言ってきた不動産業者は全て切った

ローンなんて借金と一緒。ローンを返せなくなったら、家も取られるのだ。ローンを返済し終えるまでは自分の家ですらない。「いま」ある自分の貯金で買えないものを借金してまで買うなんて、そもそもおかしな話だ

まぁ、収入が不安定だとローンも組めないが。しかし、それはむしろ幸運だ。金貸しの銀行が得をする仕組みになっていること、大変な金利を取られること、しかも世の中が不動産購入の際にはローンを組むのが当たり前であるかの如く洗脳していること、よく考えれば分かる。銀行のしていることなんて闇金のしていることと、大差ないのだから。

高い家を買わせ、老人になるまで毎月の借金を返させる。そのためにはフルタイムで働かなければならないだろう。この奴隷制度のような仕組みに気がついたら、ローンなんて絶対安易に組んではいけない


スポンサーリンク
posted by nonnco at 20:48 | 不動産購入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする