海外移住について

ある程度自由人としての生活が軌道に乗ってくると、海外移住や外こもり等を考えるようになる人が多い。つまり、海外で生活しながら日本円を稼ぎ現地で外貨に換える。もしくは、現地で外貨を稼いで生活するというスタイルだ。

自由業で、ネットさえつながっていれば場所を選ばない「ノマド」で働く人も増えてきた。住む国すら縛られないですむのだから、非常に喜ばしいことといえる。

しかし、物価の安い国は治安が悪かったり、物価の高い国は生活費が高かったりと、その選択は難しい。現地の人間との相性もある。英語すら通じない国もある。これは、旅行などで訪れたり、または短期間暮らしてみたりしながら見極めるしかない。どんな国であっても、住むとなれば楽しいことばかりではないからだ。

海外移住を考えたときにやっかいなのがビザや永住権の問題だ。フィリピンやマレーシアのように現地の銀行にある程度の預金をすればいい国もあるし、オーストラリアのように特別な技術や学歴や語学力が必要な国もある。ビザなしで、数か月ごとに入出国を繰り返したり帰国したりする方法もあるが、そうなると旅費と交通費がかさんでくる。

また、国情はいつどのように変わるかわからない。治安の悪化、戦争、紛争など、海外で生活できなくなった場合(日本に帰らなければならない場合)のことを考える必要がある。

へたをすると年を取って日本に戻る羽目になったあげく、身内や知り合いとは縁が切れていて賃貸契約等も結べず、ホームレスに……などということになったら目も当てられない。

そのため、少なくとも現地の永住権が取得できるまでの間は、「保険」として日本にある不動産(住所)を維持しておくことだけはすすめておきたい。(実家などの住所が使える人を除く)。

もちろん、郊外の安い土地で構わない(正直、日本国の土地ならどこでもいい)。僻地にポストだけおいておくという形ですら構わないと思う。年金、生活保護、保険、銀行証券口座、とにかくこの国は、あらゆる社会保障を受けるためにも、あらゆる契約を結ぶためにも、「住所」が必要なのだ。



スポンサーリンク
posted by nonnco at 21:19 | 海外移住について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする