食費は月1万円

単身世帯なら、食費は月1万円で足りる

時間さえあれば、料理など苦ではないだろう。少なくとも労働で汗水流すよりは。自炊さえすればひとり分で1か月1万円の生活など余裕だ。

そもそも、成人してさほど外出も労働もしない人間に、高カロリーな食事は必要ない。メタボや成人病が懸念されるだけだ。もちろん収入が多いときには、多少の贅沢をすればよいだろう。

食費をおさえるにあたって、絶対に控えなくてはならないのが外食である。また、お弁当も一食あたりの食費が高くつくため、避けておきたいところだ。たとえそれが300円のノリ弁だとしても。

食費は、使おうと思えば月10万円以上にもなるし、使わないようにすれば1万円、いやそれ以下にだってなる。必ずかかってくる固定費の中では、自分しだいでいくらでも調整可能な費用だ。

料理が苦手な人は、ネットで節約レシピを検索したり、本屋で立ち読みしたりしながらレパートリーを増やそう。レパートリーが増えれば、おいしい手料理を自分で作って食べることができる。ネットが繋がる環境なら下記のサイトがおすすめだ。一食百円以下におさえられるレシピなどざらにある。

レシピ検索No.1/料理レシピ載せるなら クックパッド
http://cookpad.com/

素人が自炊し、栄養バランスを考えて普通に3食食べることのできるラインが1万円と思われる。料理の腕が上がり、工夫ができるようになってくれば、個人的な経験上月5,000円〜6,000円まで下げられるが、どうしてもメニューが貧弱になってくる。

食事というのは、健康に直結するものであり、喜びや幸せでもあるのだから、むしろ1万円くらいは使ったほうが良いと思う。精神的に貧しくなってしまうからだ。

しかし、もちろん酒とたばこはNG。健康を害する恐れがあるのはもちろんだが、ムダに税金をくれてやる必要はない。中毒にさせられて、次が欲しくなる、挙句にバカ高い税金を支払わされる、そんなくだらないものに捕らわれるのは良いカモだ。

料理のスキルは、直接自分に見返りがあるものなので、是非身につけてほしい。


スポンサーリンク
posted by nonnco at 19:42 | 食費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする